生死に関わるお話…

It's happened to me twice in my life. Both times were terrible experiences. Someone almost died, or maybe they did. 

人の生死に関わる瞬間にわたしは2度遭遇したことがあります。2回とも悲惨な経験でした。一度目は九死に一生をえましたが、二度目は実際に人の命が失われたのかもしれません。


The first time, I went to Chiba for an English school camp with a group of students who were younger than 12.  We were swimming in a river. The water was far too deep to be safe, and someone started yelling that one of the boys was missing. I and a few other adults dived to the bottom of the river, while still thinking that he had gone back to the camp. But someone found him--at the bottom of the river.  I helped to pull him up and get him on the ground. His body was blue and he wasn't breathing. 

最初の経験はわたしが英語学校のキャンプで12歳以下の数人の生徒たちと千葉県に行ったときでした。わたしたちは川で泳いでいました。川は安全とは決して言えない深さでした。一人の人が『男の子がいなくなっている!』と叫びだしました。『きっとキャンプに戻ったんだ』と思いながらもわたしたちは川の底にもぐりました。しかし、誰かがこの子を川の底で見つけたのです。わたしは彼を地上へ引き上げました。彼の体は青白くなっており息をしていませんでした。
I started to give him mouth-to-mouth, and then someone came up who was more confident than I was. He was very good at it, and--thankfully--the boy started breathing again, and today, as far as I know, he is still alive. 

わたしはすぐに人工呼吸を始めました。それからわたしよりもっと救護に自信のある人が代わってくれました。彼の手際の良い処置のおかげか、幸いなことに男の子は息を取り戻しました。わたしが知っている限りではこの男の子は今も元気に生きています。


The second time happened on the train platform of the Ochanomizu JR station. It was December a few years ago, and I was walking from one end of the platform to the other. Suddenly, in front of me at the corner of my eye, I saw a man fall onto the tracks. Someone jumped down and grabbed him. Someone else pushed the button to stop the train. I pulled the man up onto the platform and started giving him heart massage.  He was in his 70s and he wasn't breathing. He had a big cut on his head.  Someone who seemed like a doctor came up and took my place. People gathered around, but I didn't want to see the results, so I just walked away. My body was shaking and I didn't sleep very well that night. I hope he lived, but maybe he was already dead when he fell on the tracks. 

2度目はJRお茶の水駅のプラットホームで起きました。数年前の12月でわたしはプラットフォームの端から端へと歩いていました。突然わたしの視界の隅で一人の男の人が線路へ落下するのが見えました。一人の人が飛び降りて男の人を抱き上げ、また別の人がボタンを押して電車をとめました。わたしも男の人をプラットフォームに引き上げるのを手伝い心臓マッサージを始めました。彼は見た感じ70代くらいの男性で呼吸が止まっているように見え、頭には大きな切り傷がありました。すぐにお医者さんらしき人が来てわたしと場所を交換しました。周りに人々が集まっていましたがわたしはその結果を知るのが怖くてその場を後にしました。その後もわたしの体は震えていて、その日はあまりよく眠ることができませんでした。彼が生きていることを願っていますが、もしかしたら線路に落ちた時点ですでに手遅れだったのかもしれません。
But in both cases, I'm glad that I--or at least someone on the scene--knew CPR. If the same thing happened to me, I would hope someone would know CPR and I wouldn't die when I could have lived. 

しかし両方の出来事において、わたしは自分が—そしてその場にいた方々が—CPRを知っていたことは幸運だったと思います。同じようなことが自分の身に降りかかった場合、周りの誰かがCPRを知っていて命を落とすことがないように願います。    

CPR is one thing we should all know.  I'm glad I learned about it in Boy Scouts and on a couple of other occasions later on. But I'm not confident enough. I think I know how to do it, but I'm not sure.  I read this infographic below and it gave me more confidence, but not enough. I'm thinking I should take a short course on this topic at a fire station or somewhere like that. .  

CPRは全ての人が知っておくべきことの一つだと思います。わたしはボーイスカウト、またその後、機会があり学ぶことができたことは良かったと思っています。それでもわたしは十分自信があるというわけではありません。
手順を知っていると思っていますが全てが確かである訳ではありません。ここにあるインフォグラフィックを見て自信がわきましたが、それでも十分だとは思っていません。消防署かどこかでちょっとしたクラスを取るべきだと感じています。

 

I hope it never happens to you, but...

皆さんはそのような状況に遭遇しないことを望みますが...

An Animated Guide to Perform CPR

And here's a couple videos that might help:

And finally, here's a little quiz made using flashcards. 

最後にフラッシュカードを使ったちょっとしたクイズです。