こんなに使えるTake it easy.

今日、弘樹はマイケルと飲みに行き、帰りに久しぶりにゲームセンターに寄りました。そこで、マイケルとカーレース・ゲームで対戦することに。 そのときマイケルがこう言いました。 Take it easy. これって、「気楽にね」っていう意味なんじゃないの? ぼくが緊張してるとでも思ってるのかな? と不思議に思った弘樹ですが・・・。 Take it easy. という表現を知っている人は、たくさんいると思います。 けれど、Take it easy.は、多分みなさんが考えている以上に、いろいろな状況で使えるのです。たとえば次のような場合に用いることができるので、せっかく覚えたフレーズですから、いろいろな状況で生かしましょう。

● 別れ際のあいさつとして「さよなら;気をつけてね」といった意味合いで使われます。出掛ける人に「いってらっしゃい」という感じで用いられます。

● 何かを焦ってやっている人に対して、 「落ち着いて、焦らないで」

● 働きすぎている人に対して、 「無理をしないで、のんびり構えて」

● 緊張している人に対して、 「気を楽にもって!」

● 怒っている人に対して、 「まあ、そうとんがるなって」

● 何かの対戦相手に対して、冗談交じりに 「お手柔らかに願います」 もうおわかりですね。

マイケルは、この最後の「お手柔らかに」という意味で、弘樹にTake it easy.と言ったのです。

 

ワンポイント ―

「お手柔らかに」と言うとき―― 「お手柔らかに」という場合、 Take it easy on me. というふうにon meを付け加えることが多いということも併せて覚えておきましょう。

And check out these videos!