top of page

【練習音声付き!】発音、スペルと意味がややこしいフレーズ4選

こんにちは☺️ 今年も暑くなってきて、

各地でお祭りやイベントなども広く開催されるようになってきましたね🌞


温暖化で今年の夏の暑さは心配ですが、

夏祭りや花火大会なども今年はたくさん開催されるようなので

これから楽しみですね🌻


さて、今回は前回に引き続き、使い方がまぎらわしいフレーズを紹介します。


特に今回ご紹介する4つのフレーズの違いは発音やスペルも似ているものばかりなので、

サンプルの音声を参考にぜひ読む練習も一緒に行ってみてください🧑‍🏫


1.FartherとFurther


FartherとFurther は両方とも距離や進行を示す形容詞ですが、使い方に違いがあります。

Farther は「もっと遠くに」といった物理的な距離や空間的な進行を示し、

Further は「さらに」といった意味で、抽象的な進行や程度を示します。

発音も微妙に異なるので注意しましょう。


例文

The supermarket is farther than I thought.

(スーパーマーケットは思っていたより遠い)


We need further discussion on this topic.

(このトピックについてさらなる議論が必要です)



2.StationaryとStationery


Stationary Stationery は読み方が同じですが、スペルと意味が異なる単語です。

Stationary は「動かない」という意味で使われ、Stationery は「文房具」を指す名詞です。


例文

The car remained stationary at the red light.

(車は赤信号で止まったままでした)


I need to buy some stationery for school.

(学校用に文房具を買わなければなりません)



3.EminentとImminent


EminentとImminent は似たような発音で、意味が異なる形容詞です。

Eminent は「著名な・優れた」という意味で使われ、

Imminent は「切迫した・差し迫った」という意味で使われます。


例文

He is an eminent scientist in the field of physics.

(彼は物理学の分野で著名な科学者です)


The storm is imminent.

(嵐が差し迫っています)



4.ComplementとCompliment


Complement Compliment 、こちらは音は同じですが違った意味がある単語です。

Complement は「補完する・補完するもの」という意味で使われ、

Compliment は「褒め言葉・称賛する」という意味で使われます。


例文

The red wine complements the flavors of the dish.

(赤ワインは料理の味を引き立てます)


He gave her a compliment on her beautiful dress.

(彼は彼女の美しいドレスを褒めました)




ブログでは引き続きまぎらわしい表現の違いも取り上げていこうと思います!

一緒に楽しみながら英語学習を続けていきましょう。


今回はここまで!

See you next time!


 

AtoZ Englishではオンライン/対面であなたの要望に合わせた英語レッスンが受けられます。

日経やジャパンタイムズで活躍するネイティブスタッフが行うレッスンを受講できるのは、AtoZ Englishだけ!今なら30分無料体験レッスンお申し込み受付中!


下記リンクよりぜひご参加ください↓☺️

閲覧数:0回0件のコメント

Comments


bottom of page