top of page

あなたはいくつ知っている?意外な意味を持つフレーズ6選

こんにちは!9月もあっという間に半月が過ぎましたね。

先日台風が来て気温が下がったと思ったらまた上がったりで

なかなか安定しない天気が続いていますが

もう少ししたら紅葉も始まり、

秋らしい日々になるかと思うと楽しみですね🍂


さて、今回はパッと聴いただけでは分かりにくい

意外な意味を持つ英語フレーズを6つ紹介しますよ😀


直訳では想像がつかないような意味のものもありますが

ネイティブとの会話でもよく登場する言い回しばかりなので

ぜひチェックしてください!

 

1. Bite the bullet

(困難や痛みを我慢して進むこと)




「弾丸を噛む」という事ですが、このフレーズは困難な状況に直面し、

それを受け入れて前に進むことを意味します。

仕事や人生の難しい局面などでよく使われますね。

会話でパッと使えるとかっこいいですよ!


2. Hit the sack

(寝る、ベッドに入る)



sack は「袋、サック」のことで、ベッドが袋のように見えることからきています。

go to bed や go to sleep と同じ意味で使えますよ。


3. Give someone the cold shoulder

(他人を無視する、冷たく接する)



このフレーズは他人に対して冷たく接することを意味します。

なぜ肩が関係あるのかはわかりませんが、冷たく背を向けるイメージですね。


4. The ball is in your court

(決断や行動が相手に委ねられている)



このフレーズは相手に決断や行動を待っている状況を示します。

テニスやバスケットボールのコート上でボールが相手側にあるように、

行動が相手に求められていることを意味しています。


5. Burning the midnight oil

(夜遅くまで働いている)



このフレーズは通常、仕事や勉強のために夜遅くまで起きていることを表現します。midnight oil は夜中に石油ランプを使って作業をすることからきています。


6. Under the weather

(具合が悪い、体調がすぐれない)



このフレーズは体調が悪いときに使われますが、

文字通りの意味からは想像できない表現ですね。

天気の具合が悪い→体調/気分が悪くなるという意味からきています。

 

知らないフレーズはありましたか?

ぜひ英会話でも使ってみてください。


それではまた次回!

See you next time!

閲覧数:6回0件のコメント

Comments


bottom of page