top of page

コロンはどんなときに用いるの?

コロン(:)は、大まかなことを述べてから、細かい情報を付け加えるときに用います。


下の例では、前半で大まかな情報を伝えてから、後半で詳しい理由を続けています。


○ We are not satisfied with this product: It was cracked and mislabeled.

(私たちはこの商品に満足していません。ひび割れやラベルの間違いがあります)


次のように、概要を述べたあとで、具体的な項目を挙げるときにもコロンを使います。

○ Two employees had to be dismissed: Linda Lee and George Smith.

(二人の従業員を解雇しました。リンダ・リーとジョージ・スミスです)




閲覧数:0回0件のコメント

Commentaires


bottom of page